読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草彅洋平が選ぶ2014年映画ランキング

f:id:hynm_kusanagi:20141026153005j:plain

(写真は今年一番意味のなかった男二人ディズニーランドの思い出の一枚)


みなさん今年もお疲れさまでした!
2014年もあっという間でしたね…人生の短さヤバすぎる! というわけで今年も本やら音楽やら食べ物やらいろいろなものをひたすらDIGし続けてきた結果に対して誰からも原稿依頼来ないため、僕の方で勝手に2014年の総括をしてみようかと思います。

という訳でまずは手始めに映画のベストを僕視点でセレクトさせて頂きました。

選外と10位〜1位まで、さらにドラマまで入れておきました。

*制作完了年ではなく2014年日本公開のものを基準としています

選外:「7番房の奇跡」


映画『7番房の奇跡』予告編 - YouTube

誰もプッシュしないだろう、まずはこちらから。韓国映画好きなんですが、この手の映画(チープな感動もの)は避けていたんですよね。で、実際観てみたら「七番房の奇跡」は映画というよりもドラマに近いレベルでストーリーも荒唐無稽。たとえば刑務所なのにザルすぎる警備など、ストーリーが破綻しているシーンだらけ、とか、じんわり感動系の映画に関わらずエンディングにまったくふさわしくないスリリングな音楽を流すなど、作り込みとしてはいちクリエイターとして「死ね!」と殺意覚えるくらいツッコミどころが多いんですが、なんだかんだで号泣してしまうんですよ… そう、泣かせるポイントにロジックが必要ない。そこがとにかく恐ろしと思ったよ! とにかく子役のカル・ソウォンちゃんが神。あと「オアシス」のようなストーリーに僕はとにかく弱いんだな。日本だとほとんど障がい者を映画の主人公にしないですが、この辺りの問題の扱い方、韓国の映画シーンの懐の深いところだと思っています。

第10位:「THE OTHER WOMAN」


THE OTHER WOMAN Trailer (Cameron Diaz, Kate Upton, Leslie Mann) - YouTube

日本未公開で公開予定もないのですが非常に面白いコメディータッチの映画です。NYで弁護士として働くキャリアウーマン、キャメロン・ディアスが恋していた男は実はヤリチンだった!? 事実を知った奥さんのケイト・アプトンとグラマラスな愛人レスリー・マンの3人がタッグを組んで男に復讐するという物語なのですが、女性のファッションや登場するレストランなどがとにかく新しく刺激を受けます。僕は特に女性が何でも食べさせてくれる「NO HAND」というアジア風のレストランに、これは日本でやれば流行るな、と刺激を受けました(誰かやりましょう)。女性なら3人のファッションにインスピレーションをもらえるでしょう。いまのNYの流行を知るのに最適な映画ですな。

第9位:「グランド・ブタペスト・ホテル」

「グランド・ブダペスト・ホテル」予告編 - YouTube

いまデザインに関係した職種の人はとにかくウェス・アンダーソンの映画を観るといいですよ。『ダージリン急行』からずっとですが、彼の映画は美術が本当に素晴らしい。とにかく素早く動き、喋り続け、展開していく。物語のスピード感とおかしな人々の群像劇がウェス・アンダーソンの魅力ですが、「グランド・ブタペスト・ホテル」は一つの到達点といえるでしょう。それにしても乗り物(バイクやソリ)に乗った時の正面撮影だけで「ウェス・アンダーソンらしい」と思えてしまうのは何なんでしょうね? 要は彼の映画スタイルが完成されているということなのでしょうが、この監督でしか成し遂げられないものがあるというのが、本物の「監督」といえるでしょう。

 

第8位:「キック・アス/ジャスティスフォーエバー


映画『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』予告 - YouTube

やっぱり「キック・アス」好きですねえ。で、大体好きな映画は「2」になって劣化するという王道を通るのですが「キック・アス/ジャスティスフォーエバー」はいい感じでまたまた面白かったんですよ。この映画はそもそも「2」に関わらず監督が変わっています。前作マシュー・ヴォーン監督の「キックアス」の何が僕にとって面白かったのかというとヒット・ガール役のクロエ・モレッツの可愛さもありますが、所々に伺えるセルジオ・レオーニ(「夕陽のガンマン」)オマージュです。それが本作は熱烈に「キック・アス」を愛するジェフ・ワドロウに監督に変わり、まったく違う映画に仕上がっています。自分でシナリオを持ち込むほどの「キック・アス」マニアだけあって、全然僕の期待を裏切らないんですよね。神経を刺激してノロウィルス状態にする「ゲロゲリ棒」最高w

 

第7位:her/世界でひとつの彼女


映画『her/世界でひとつの彼女』予告編 - YouTube

スパイク・ジョーンズって丁寧な映画撮りますよね。未来が数百年先でなく、想像できる範囲の近未来というのがいい。この映画を観て、以前大学生のとき「ときめきメモリアル」にはまっていた自分を思い出しました。俺も虹野沙希ちゃんと付き合っていたので(二次元で)、主人公の気持ちがよく分かります。これオタクなら誰もで共感できる永遠のテーマを映画にして美化した極めて日本的な映画だと思いますが、考えてみてください。これ日本人に置き換えた瞬間、とってもイケテナイ話になるような… ただ今後未来はこうなっていきそうですね。登場するゲーム機も楽しそうでゲーマー魂も震える。サントラもめっちゃいいですね。久しぶりに映画観て音楽買いました。

 

第6位:ウルフ・オブ・ウォールストリート


『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 予告編 - YouTube

マーティン・スコセッシ好き(特に「グッドフェローズ」好き)としては期待大で観させて頂いた本作はやっぱり良かったですねえ〜。やはり世の中、金・女・薬ですよ(キッパリ)。そんな風に洗脳されてしまうくらいディカプリオのぶっ飛びぶりが楽しい映画です。というわけで極めてアメリカ的なスケール感を示した本作のハチャメチャぶりは「昔はすごかったんだよなあ〜」的なバブルのおっさんの昔話を聞く感じで楽しめました。この映画観たときに思ったのはレオナルド・ディカプリオ扮する主人公の行動が、頭のいかれた某IT企業社長の動きとまったく同じだと思い、大丈夫かなと心配になりました。

 

第5位:ガガーリン 世界を変えた108分」


世界で初めて有人宇宙飛行を達成したガガーリンのドラマ!映画『ガガーリン 世界を変えた108分』予告編 - YouTube

堀江貴文さんが「『インターステラー』より『ガガーリン』の方が面白い」と話していて、非常に堀江さんらしいと思いましたが、人類で初めて宇宙に行ったガガーリンを主人公にした本作はロシアらしい淡々とした筆致で描かれる重厚な物語です。僕もこの映画を見るまでガガーリンのこともあまり知らなかったですが、史実に基づいて緻密に描いているので非常に勉強になりました。まだ物資も豊かでない当時の宇宙飛行士たちはよくぞ成し遂げたものですよ。極めてロシア的なガガーリンのお父さんなど、いろいろなディティールに痺れます。ちなみにロシア映画って久しぶりに観たけどやっぱりメチャクチャ独特ですよね。この独特な荒い質感というか無骨な手触りは、ハリウッド映画ではやはり出せませんな。

第4位:ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」


『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』[HD]映画予告編 - YouTube

 『サイドウェイ』や『ファミリー・ツリー』で評判の高いアレクサンダー・ペインは素晴らしい監督ですよ。僕が高校生のとき下北沢のローソンでアルバイトしていたんですが、女子大生のエッチな美人のお姉さんがいたんですね。で、忘年会でいきなり「ジャンケンしない?」と言われて、意味分からずジャンケンして、勝ったら突然おっぱいを揉ましてくれたんです。それが僕のファーストタッチなのですが、その後興奮しすぎて泥酔して路上で吐いてゴミ捨て場で起きた思い出があります…(懐かしいなあ)

そのお姉さんがある日大好きな映画としてお勧めしてくれたのがジョン・ヒューズの傑作「フェリスはある朝突然に」だったんですよ! いま思えばとても趣味の良いステキなお姉さんですよね〜。「フェリス」の主人公が名優マシュー・ブロデリックで大ファンになったのですが、この人を再び見つけることができたのがアレクサンダー・ペインの「ハイスクール白書_優等生ギャルに気をつけろ!」でした。それから生粋のアレクサンダー・ペインファンとなって、いまだにジョン・ヒューズアレクサンダー・ペインの映画を観るとお姉さんを思い出すんですなあ。 あ、映画に関係ない話になったけど、まあそんな話もあってアレクサンダー・ペインは僕の中で特別なんですよ。

第3位:「LIFE!」 

 
映画「LIFE!」 《人生が変わる》6分間予告篇 - YouTube

編集者ですから編集者の出てくる映画が気になるんだけど、もっと編集者ってモテモテになっていい存在だと思うんですよ(マジで!)。「LIFE!」はさえないダメ編集者が世界を冒険するうちにハートと人生がメキメキ変わっていくという現代のおとぎ話なんですが、スケボーがキーポイントとして出てきます。そう、ベン・ステラー扮する主人公の意外な特技として、実はスケボーが得意というのがあるんですね。日本の代表的ダメ男である「のび太」があやとりと早撃ちが得意と一緒です。それで映画の中でもスケボーで2回ほど救われるシーンがあるのですが、東京出身の僕も先輩に鍛えられ、実はスケボーがそこそこできるという類似設定。僕とかなりスペックが似ているんですね(ドヤ顔)。というわけでまるで自分ごとのように観ましたよ。ええ、素晴らしい映画でした。乃木坂メンバーと付き合えなくても編集者で良かったんだと勇気づけられますよね。

第2位:ザ・レイド GOKUDO」


映画『ザ・レイド GOKUDO』予告編 - YouTube

インドネシア映画といえば政治ドキュメンタリーの「アウト・オブ・キリング」がいいみたいな流れになっていますが、インドネシア映画といえば断然アクション映画がいいんですよ!! 前作「ザ・レイド」は素晴らしい密室型アクション映画でしたが、続編の本作は密室から外に飛び出て縦横無尽にあのメチャ強い男がインドネシア格闘技「シラット」で人を殴り続けます。いやあ、カースタントも個性ある敵役との闘いもアクション映画で最高傑作じゃないでしょうか。潜入捜査×アクションといえばドニー・イェン出演、イップマン監督の傑作「フラッシュポイント 導火線」を思い出しますが、あの映画もマウントを取り続けるという総合格闘技的アクションシーンに度肝を抜かれました。なのに「ザ・レイド」の方が映画的に凌駕しているように思えるのは、単純に「痛み」の問題なんでしょうね。つまり香港アクション映画よりインドネシア・アクション映画の方が観ていて痛いんですよ。コンクリートに叩き付ける、あるものすべて使って攻撃する、トンカチで叩くというより切り裂くというような残酷的な表現。
ちなみに文句あるとすればタイトルに「GOKUDO」とついてますが、ヤクザはギャング同士の抗争の要因になるくらいで、彼ら別に何もしないんですよ… タイトルつけるなら「ザ・レイド GANG」だろ、と。思わせぶりな終わり方したので続編あると思うのですが、それなら三作目こそ「GOKUDO」なんだろうと思いました。もし極道メインで次回作出るならタイトルどうするんでしょうかね? 勝手に心配しています。

第1位:インターステラー


映画『インターステラー』最新予告編 - YouTube

賛否両論の「インターステラー」ですが、僕にとってはメッチャ神映画でした、というのが率直な感想です。浅田彰氏、東浩之氏をはじめ、さまざまな評論家が2001年宇宙の旅」から語りますが、僕からすれば極めてアメリカ的な挫折の映画「フィールド・オブ・ドリームス」から語るべきだと思いますよ!(以前からアメリカ=とうもろこし畑=挫折の映画に弱い…)。たまに登場する野球シーンとか意識して差し込んでいるんじゃねと思うほどに。
で、「イーガンの「ディアスポラ」的な地球ヤバイんで逃げなきゃ+ボイルの「サンシャイン2056」の取り残された科学者の狂気+「ほしのこえ」「トップをねらえ」的な時間の流れを使ったお涙頂戴+ゼメキスの「コンタクト」的なアウタースペース=インナースペースのハイブリッドな内容なんだけど、どれもこれも中途半端」と語るSFマニアのMさんに対して、この映画がいかに「フィールド・オブ・ドリームス」なのか話そうと検索していたら映画評論家の町山智浩さんがすでに語っているのを見つけました。さすが町山さん!! そうそう、感想一緒です。


町山智浩 クリストファー・ノーラン『インターステラー』を語る


それにしても子供いないと生還できないんだなあ… 早く子供作らないとと思ったよ。死にたい…

 

ちなみに2014年の番付にドラマを入れていいのであれば「ブレイキングバッド」をどこかに入れさせて頂きます。このドラマのカタルシスは最高ですよ。シーズン5の凍りつき方は震えました。 


海外ドラマ「ブレイキング・バッド」全5シーズン放送決定! - YouTube

 

さらに付け加えれば実は「ホドロフスキーのDUNE」をまだ観ていないんですよね…
観たらきっと順位変わるんだろうと思っています。


映画『ホドロフスキーのDUNE』予告編 - YouTube

 

以上です。
来年も面白い映画に出会いたいなあ。
あ、『Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録』にもご期待下さい!!
こちら公開日が遅れまして2月になりそうです。おってお知らせいたしますね。


映画『Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録』予告編 - YouTube